のんびり雨の日

c0222587_22584963.jpg


昔から、静かな雨の日がとても好きだったんだけれど、
体調を崩した頃から、低気圧は脅威だった。

正確には、低気圧が原因で体が痛くなったり、うつ気味になったり
起きられなくなったり…なんてことが分かったのは近年で、
それだけじゃなくて、聴覚過敏をはじめとする感覚的なエラーもあるし
若い頃はとにかく不摂生で、生き方も下手だった。

夜昼逆転して、遅い時間にものを食べたり過食気味だったり

数年前の記事を読むと、全く何に振り回されてるのか本人もわからず
靴下重ねばきしたり、スピリチュアルだの、サプリだの試して奮闘している…。
そういえば10年前には、yogaのインストラクターまでとってしまった。

もちろん今でもよい知識・手段として生きているものはあるんだけど。

いつの間にか、低気圧なのにのんびりできているし
朝は早くに目がさめるし、お酒も多く飲めなくなったし、
(年なのか?と思ったが)
夜も遅くに不必要なものを食べられなくなった。

今、周りの人も、出会う人たちが
皆とても素晴らしく、それがとても幸せだ。

やりたいことも具体的にはっきりしてきて
そうなったら更に健康であることの重要をさらに感じる。
90年代は年齢を重ねたら上質な服でとか、宝石で…なんて聞いたけれど

現実的に、2010年代後半にに40半ばになって思うことは、
むしろ姿勢の良さとか、肌や歯や内臓のきれいさが重要だと思う。

タバコを吸って、運動もせず、
夜昼逆転して買った弁当食べていた20代の頃より今はずっといい。

美容と健康が完全にイコールになるな、と思った。
むしろ年取ると健康でないと美しくあれないなと。

糸井重里氏が、
ちゃんとメシ食って、風呂入って、寝てる人にはかなわない

っていっていたの、本当に同感。

今後も60過ぎても気分のよい体で生きたいと思う。











[PR]
by diemond | 2017-07-13 16:29 | ヘルス&バランス

画家・イラストレーター 。童美連、季節風会員。


by かたおかまなみ