カラダが"冷えとり"を拒否!

"冷え取り"でのアクセス、思ったよりあるので
引き続きレポートさせていただきます。

今回の報告は、"中だるみ…?"

と、いうのも、先週あたりから、夜中に足が暑くて寝苦しく、
靴下を脱いで裸足で寝てしまっていた。

それから、陽気のせいか食欲がなく、
グレープフルーツと、バルサミコたっぷりの
酸っぱいオリジナルドレッシングで、
朝晩クスクスとハトムギを混ぜた生野菜のサラダばかり。
カロリー低い主食に対して、甘いものがとても恋しくなり
特にカスタードと生クリームのW使いのスイーツ!
プリンでもクレープでも、ロールケーキでもシュークリームでも。
毎日食べていた。
途中、肉も恋しくなり、ステーキを焼いてよく食べていた。

しかし、それによって太った!…ということはなく

バレエ教室でも、皆さんに「痩せたね〜」と言われていた。
特に顔や首筋が、先週に比べて、人の目にわかるほど
シュッとしたかんじになったらしく、何をやったのかと聞かれたが、
この一週間で、たまたま…

1.美顔ローラーを買って毎日コロコロしていた。
2.愛用していた美白ゲルを他社のものに変えた。
3.マスカラを新しいものに変えて、目ヂカラUP!かなりいいかんじ。

…と、余談ではありますが、
変化の具体的な理由は3つあり、どれが効いているのかは謎。

とにかく、どう考えても食生活は健康的ではないが、肌の調子もいいし
皆の評判も悪くないし、特に問題もない!…と、思っていたら
精神面に来てしまった。

数日、原因不明の落ち込みが。特に困った事もないのに。

困った事もないのに一生懸命、
困った事や厭かもしれない事を探してしまう。

いい状態じゃないので、冷静に調べてみたところ、
この気分の落ち込み、どうやら冷えと砂糖のしわざらしい。

極端に冷えると、カラダが"冷えとり"を拒否して
靴下を嫌がったり、カラダを冷やす食品(砂糖とか生野菜とか)ばかり欲して、
冷えた状態をキープしようとするらしい。

パニック障害や不安や恐れなんかも腎臓の冷えによるものだと
ある本で読んだ。腎臓がうまく動かないと、水分代謝がおかしくなり
むくんでしまうし、その"水"が悪さをして心の状態が悪くなるという
水毒というやつか。
昔、漢方医にいわれても、よくわからなかったが…

人間のカラダは、"気・血・水"(呼吸・血液・リンパ)のながれがきちんとしていないと
まともな状態ではなくなるということが最近やっとわかってきたのだが、

それでも毎日スイーツを食べていたのだから、全然気をつけていない。
まったく困ったものである。いい大人が。

…理想のプリンがみつからないので自ら、開発しようかとか
考えていたくらいカスタードに執着していた。

最近は、意味もなく落ち込む事の原因が、たかが冷えと食べ物のせいとわかると
すぐに気が楽になるが、昔は色々な事をこじつけて、人間関係や
自分のまわりの事にまで悪影響を与えていたように思う。

これを読んでいる皆さんも、もし何か気持ちが上がらない…なんて事があったら
心をニュートラルにして、とにかく体を温めてみてください。
それしきの事で解決することもあります。
[PR]
by diemond | 2012-05-27 21:47 | ヘルス&バランス

画家・イラストレーター 。童美連、季節風会員。


by かたおかまなみ